あなたの生活にもっとジャパを組み込む3つの方法

Thumbnail

わたしが初めてアートマ・クリヤ・ヨーガを学んだとき、1日に何時間も座ってアートマ・クリヤ・ヨーガの実修をしましたが、ジャパはマーラーバッグを手にして、歩きながら行いました。座ってジャパをやるのは珍しいことでした。歩いているとき、公共交通機関での移動中、一度はシャヴァーサナ・リラクゼーションを受講生に教えているときに、ジャパをしました。1日を通してAKYを身につけていく方法だったのです。

母親になってからは、ずっと赤ちゃんを抱いていたり、オムツを替えたり、両手で何かをしていたので、マーラーを使うのは最早無理になりました。わたしは数珠玉を使わずに、呼吸を頼りにジャパをし始めました。今その赤ちゃんは6歳になり、弟も4歳ですが、マーラーの玉やカウンターを使うことはまだできていません。1日のほとんどが両手がふさがる仕事をしているからです。

マーラやカウンターの助けなしでジャパに集中し続けるのは明らかに大変ですが、 助けになることがいくつかあります。

エクササイズしながらジャパ

わたしは朝一番、子供が起きる前にヨーガの実修をしながらジャパをします。呼吸と動きを連動させることで、ほとんど努力なしにジャパができます。これは最高のジャパの時間のひとつです。起きたあとまず最初にジャパをすることで、前向きな意図で1日を始めるというメリットが生まれました。

ジャパを誰かに捧げる

これは最近始めたばかりのことですが、素晴らしい恩恵があります!優しさや祈りが必要かもしれない誰かがいることで、実修の優先順位があがり、もっと頻繁にできるようになりました。そうすることで、ジャパの重要性がわかり、誠実に愛を持ってやる助けになっています。

1日に10〜20分ジャパをするために座る

これもわたしが最近始めたばかりのことです。わたしたちは今、 数週間コロナウイルスでロックダウンされています。わたしは家で子供に勉強を教え、彼らが通常学校にいる時間にやらなければならない、他のすべての仕事とのバランスをとるよう頑張っています。お昼頃、一人になる必要があるので、一旦食事の準備をするとあとは夫に任せて、自分の部屋で座ってジャパをします。とはいえ家の中で起こっていることは全部聞こえ、子供はわたしのいるところに走ってきて膝に座ったりしますが、それも神聖なことです。わたしはジャパをするために座ることがどんなにすごいことなのかを、完全に過小評価していました。

他のことすべてが混乱しているように見えても、静かにジャパをする時間を持つことで、1日のありかたが改善します。

エクササイズしながらジャパをしようが、座って一日に数分ジャパに捧げようが、ジャパに入っていく方法を見つけ、1日をそれで充実させることをおすすめします。ハッシュタグ#bhaktimargasadhanaを使って、@bhaktimargasadhanaにタグ付けし、インスタグラムに写真を投稿して、あなたの気づきをわたしたちに教えてください。

 

最近の世界情勢のため、わたしたちはオンライン上でつながって、日々のサーダナ実修を一緒にやっています。 これはわたしたちの世界規模のコミュニティの愛とサポートとともにサーダナを深めるまたとない機会です。

ブログ上にあるわたしたちのオンライン講座やイベント、そして最新情報のニュースレターが必要な方はこちらをクリックしてください。

フェイスブックとインスタグラムにも、わたしたちの情報があります! (@bhaktimargasadhana)

 


Blog »