パンドラの箱

Thumbnail

過去のブログ投稿をすべて読んだ後、感じたことや考えを紹介し合おうと、特に勇気づけようと思って、みんなが書いた言葉を残らず読んで、とても驚きました。 アートマ・クリヤ・ヨーガシンプリー・メディテーションババジ・スーリヤ・ナマスカールプロジェクト・マントラのどれであろうと、自分や日常生活を向上させることができると感じられるのが、どの実修であっても、習うことができるすべてのサーダナへと読者を導くのに、投稿が役に立ってきたと心から思っているということを、このブログに貢献している私たち全員に代わって、心底からお話できると思っています 。

実のところ、サーダナ(霊性修養)の利点をどんなふうに表現しても、どんなに多くの言葉を尽くしても、結局、境界を超えるかどうかは一人一人にかかっているのです。

第一歩は、一部の人にとっては巨大な一歩かもしれません-内なる自己の未知への旅なのですから。 ものすごく恐ろしいかもしれません。ほとんどの場合、「パンドラの箱」を開いたら、何が出てくるかわからないからです。 嫌いだったり、賛成できない自分について、何か出てくるかもしれないと思うと、たいていとても怖くて不愉快なのです。 きっちり蓋を閉じたままにしておくほうがいいと思っていることがよくあります! まさに今、ではなく、いつとも言えない将来に、箱を開いて覗き込むことを約束します。決定を正当化するためのさまざまな言い訳を見つけます。「今日は猫につまずいたので、それは良い考えではありません」というものから 、真に深刻な懸念まで。 何年も前に、どこかの段階で、私も含めて私たち全員がそれをやってきました。

どんな人に対しであろうと、安穏な暮らしを保証することはできません。ただ言えるのは、中身に直面しなければならないとしても、私は自分の「パンドラの箱」を開けることに一瞬たりとも後悔したことがないということです。その中身とは、 特に自分から隠そうと必死になっていたことに気づいたものです。

私のエゴへの最初の衝撃の後、想像していたほど悪いものやドラマチックなものはなく、気づいたのは、より重要なことに、一人で挑戦しているのではないということです。 また少し自己分析した後、自己探求の旅をサポートする霊性修養が必要だと気づきました。 それで、人生のその段階の自分にふさわしい霊性修養を見つけるための第一歩を踏み出しました。

(私はまず瞑想を選んだのですが)通常のサーダナを通して、やがてライフスタイルが変わりました。 時折結果として生じた変化は、「未開封ボックス」が不都合と分類したはずのものでした。自分の正しさを最速で証明するより、もっと自己鍛錬し、自分の習慣や行動パターンをもっと意識し、人の話に耳を傾けるというような変化です。過去などを非難せずに現在に生きることといえば、イメージできるでしょう。 ですから、自分自身を変えるという約束が必要であると言うのは本当ですし、いったんその道に着いたら、戻ることはできないと言うのも本当です。ひとたび霊性修養が順調に進むと、結果的な変化が自分の本性の一部になるからです。  事実、プライドがなくても、改革運動をしなくても、それを表現できる機会を与えられて、いかに溌溂とし力が湧いてくるか気づくようになります。

「靴」を共用したり、他人の「靴」を履いて歩いているのでは、達成も喜びも得られないので、自分の「靴」で歩く必要があると、先日、私の人生でとても大切で特別な人が言いました。 単純な例えであり、まさに真実です。 人生の多くの時間を他者の期待を常に満たそうとし、自分自身とより調和しているのは何かわかっているのに、それに従うことを忘れている人がたくさんいます。自分のことをもう少しよく知って、より意識的な選択をする明快さを持つことは、そのような意識を発達させ、サポートする定期的な霊性修養を通して、起こりうるのです。

みなさんの見解や個人的な体験がどんなものであれ、私の見解では、定期的に霊性修養をすることによって、自分自身だけでなく、周りの人も、私の中に気づいた肯定的な効果によって高められたと、言ってよいでしょう。 その結果、私たちの相互作用にとって実益があり、日常生活をより良くすると気づきます。 長年に渡り、私のサーダナから私たち全員が直接的および間接的に恩恵を受けてきたことは間違いありません。

だから、私はお勧めします。「ボックス」を今日開いてください! 次回を待たないでください。それには価値があるのです! あなたはそれだけの価値があります!


Blog »