フライトの恐怖から出てきた変容の課題

Thumbnail

アートマ・クリヤ・ヨーガを定期的に毎日実修していると、人生や習慣や態度に変化を起こさなければならないという意識が高まります。 パラマハンサ・ヴィシュワナンダのような完全に悟った師が自分の人生に積極的に存在するとき、より大きな変容のための機会と真の生命の体験が指数関数的に増加します。 サットグルすなわち悟った師にまだ従っていないすべてのクリヤ・ヨーガ実修者には従うことをお勧めしたいと思います。

数か月と数週間前に変容の機会があり、突然、飛ぶのが怖くなりました。 これまでこのような恐怖を感じたことはありませんでしたし、いつになく非常に大量の仕事にかかわっており、この期間中に回避できない他の旅があったので、この恐怖に直面しなければなりませんでした。

経験した多くのフライトで何を学習したのでしょうか?

乱気流、私は大気のくぼみと呼んでいるのですが、(そう、アフリカの道路にはくぼみがある!)その間、離陸中および着陸中に、私の祈りの強さが劇的に増加したことに気づきました。 私のサーダナ(精神修養)と祈りの質がはるかに良く、より強くなることが、それによってわかりました。 祈りを使って注意をそらし、大気のでこぼこから気をまぎらわせました。 私は日常生活の中で十分に祈っているか?つまり、グルと神に焦点を合わせているか?あるいは、マインドの中の乱気流、大気のくぼみの方に注目しているか? 私は、最終目的地にいつ到着するかがわかるように時計を見続けました。 つまり、最終目的地と旅の認識が高まりました。 地球上での私の目標に対する意識も同様に高まっているか? 自分用に設定した変容プログラムを定期的に監視または自己分析しているか? これらが私に訪れた問いでした。

私は、家族、仲間の帰依者、友人など、身近な人や周りの人との関係の特質を調べました。 彼らとの関係はどうか? どうすれば、彼らをもっとそして彼らの一人一人にふさわしい愛し方ができるか? 彼らに何かを求めるとき、対話しているか、あるいは私は彼らを愛しているがゆえに対話しているか?

それらを思い出すのに最も役立ったのは、その瞬間に生きること、神とサットグルへの私の信仰を高めることに取り組むことでした。 私に何かが起こったのか? 私は危険な状態にあったのか? それはもちろん違います! それは、理論上どれだけ私のマインドが明け渡されたのかと、実際にどれだけマインドが明け渡されたのかをわからせてくれました。

フライト自体は短かったのですが、恐怖の中ではどんなに長く思えたでしょう。 地上での生涯は、個人の変容には短いか、十分ではありませんが、愛に焦点を合わせないならば、どれほど長く思えるでしょう。 日常的に、そしてより一層愛することに、自分の時間を最大限に使っているか自問しました。

過去数ヶ月と数週間にわたる学びと自己分析を経験した後の、私の最近のフライトは、ほんの数日前でした。 パラマハンサ・ヴィシュワナンダの本拠地であるシュリー・ピータ・ニラヤ・アシュラムで行われた、ジャスト・ラブ・フェスティバル、グルプールニマのお祝い、そしてカントリー・ウィークで、素晴らしい時間を過ごした帰路、フランクフルトからイスタンブール経由ナイロビへのフライトでした。 何が起きたと思いますか? このフライト中、飛行機の旅への恐れはもはやなくなりました。 恐怖は、やって来たのと同じくらい難なく消えてしまいました。


Blog »