それを我が家としなさい

Thumbnail

川は冷たく澄んで流れ、つぼみの膨らむ春の雪解け水であふれていました。 日が長くなっていくのと競いながら、夕日は地平線の向こうに沈みました。 夕日は川の土手や冬のなごりの雪に、ピンクやオレンジや赤の輝きを投げました。私の両足は川の砂の中に沈み、すぐに凍り付く痛みが通りすぎ、突き刺すような痛みが通り過ぎ、ついに冷たさのために足首がしびれました。私の手は私のジャパ袋に沈み、一呼吸ごとに指は数珠球を手繰りました。 常緑樹の老木のぶら下がっている天蓋を通して風が踊りました。 私の後ろで、キャンプファイヤーの周りの友達の笑いや声が、遠景に消えていきました。

私は目を閉じることができませんでした。 動くことができませんでした。 我を忘れて、このような場所、川岸、山の奥深く、最も近い道から何マイルも離れたところにしか存在しない、舞い踊るような調和に魅了されました。 モーターが入ったことがない土地には何か純粋なものがあります。 呼吸がひとつひとつマントラを運びながら来ては去りました。 呼吸が一つずつ来ては去り、さらに少し深いところで我を忘れました。 一息一息が来ては去り、風がそれを唱えていると断言することもできたでしょう。

オーム・ナモー・ナラーヤナーヤ

オーム・ナモー・ナラーヤナーヤ

オーム・ナモー・ナラーヤナーヤ

一息ごとに、それまで全く知らなかったような、平安の感覚、希望の感覚、信頼の感覚がもたらされました。 他に何も存在しないように思われました。 それがまさにマントラでした。

私は数日前にアートマ・クリヤを学んだばかりでした。 人生で初めてマントラと呼吸と瞑想について学んだところでした。川の土手の上に立って、つま先が砂と川に埋まって、もはや感覚がありませんでした。それはこれまでに経験した中で、静寂にもっとも近いものでした。 それは今までに知っている中で、平安に最も近いものです。

彼らの声が響き渡り、私の名前が呼ばれて、静けさが破られました。 それは粉砕のようでした。 木っ端微塵。暗い早朝の数時間に、たった4人の20代が、どうにかやりとげられるような沈黙の完全な破壊です。 そして突然、ひんやりとした風が吹いて、私は鳥肌が立ったままになり、水が骨まで凍らせているかのようでした。 そして騒音が。 その騒音は再び溢れ出てきて、マインドの絶え間ないおしゃべりの中に私を叩きこみました。 私は深呼吸をして、暗くなっていく懐かしい景色を見て、そしてキャンプまで戻るために少し歩きました。

ジャパ・クリヤでのこの最初の「体験」が私を掴みました。 それは決して到達できないだろうと思っていたもの見せてくれました。 それは最大の友達であり安らぎとなりました。 ジャパは共に祝うためにそこにありました。 最も暗い数時間に私を運び入れるためにそこにありました。 そして、私がそれを愛おしむ方法を知らない日中でさえ、ジャパはまだそこにあり、舌の上で踊り、再び私がそれを愛するのを待っていました。

みんなこの物語の自分版があります。 全員が自分の人生をやり通す経験と方法を持っています。 私にとっては、ジャパ・クリヤです。 あなたにとっては、何か他のものかもしれません。 それが何であれ、自分の物語を見つけ、自分の方法を見つけてください。 しかしそれを自分のものにしてください。 それを所有してください。 なぜなら、神との関係を発展させ、経験するのはサーダナを通してであるからです。 サーダナは、神との関係のもち方であり、あなたが神に属するのと同様に神があなたに属すると告げています。

サーダナでこの世を渡り切りましょう。 あなたの経験であなたを刺激しましょう。 マインドが神聖になるよう導きましょう。 サーダナを祝福の場であると共に、安らぎの場にしてください。 サーダナを我が家にしましょう。


Blog »