アートマ・クリヤ・ヨーガ自体が祈りなのです。

Thumbnail

誰かを愛していると、絶えずその人のことを考えています。 恋をしているときはいつも幸せです。 高揚しています。 顔が輝いているので、どれほど幸せであるかに、周囲の人はみな気づいています。

まず第一に、本当に愛するときには、見返りを何も期待していません。

ほとんどの人が人生のある時点で、このことを経験しています。

毎日すべてのことをこの愛をもって行ったかどうか、さあ、想像してみてください。 自分が放つ肯定的なエネルギーを想像してみてください。 自身や家族だけでなく、日々関わっているすべての人々に、これが与える影響を想像してみてください。

もしこの愛をもって毎日サーダナを行ったらどうなるでしょう?

真に愛し、見返りに何も求めない人のように、愛をこめてアートマ・クリヤ・ヨーガのようなサーダナを実修するなら、自分たちにだけではなく、その周りの人々にとっても、サーダナがどんな恩恵になるのか想像してください。

シュリーマド・バガヴァドゥ・ギータ―第2章47節で、私たち全員に行動を起こす権利があるが、行動の結果を心配するべきではないと主クリシュナはおっしゃっています。

主クリシュナがシュリーマッド・バガヴァッド・ギーターで述べていらっしゃるのと同じように、サーダナを実修すべきですが、何も期待ぜすにということです。これは私達にとってさらに有益になるでしょう。

「アートマ・クリヤ・ヨーガ、それ自体が祈りです」とパラマハンサ・ヴィシュワナンダはおっしゃっています。

「なぜ祈るのか?」と自問するなら、誠実に何かを切望から祈るのであり、自身と愛する人々に吉祥を望むから祈るのです

アートマ・クリヤ・ヨーガ自体が祈りです。アートマ・クリヤ・ヨーガは愛です。

定期的にアートマ・クリヤ・ヨーガを実修すると、これは祈りになります。 期待せずに実践することは愛なのです。

Sri Giridhari

Blog »