ヴィーガンの クリヤ・ヨーガ実習者ー愛を表すことを意識した生き方

Thumbnail

多くの場合、ヴィーガン主義は、健康を意識した人々のための特別な、植物ベースの食事と考えられ、ヴィーガン主義の根底にある哲学は誤解されています。 プレームアヒムサが、この哲学を要約する2つの言葉です。サンスクリット語には、愛を意味する単語が2つあります。 1つは無制限の無条件の神の愛であるプレーム、もう1つは限られた条件付きの人間の愛であるピア―ルです。 ここではプレームのことを言っています。 サンスクリット語のヒムサは、傷つけたり害したりすることを意味するため、アヒムサはそれとは正反対のことを意味します。 それは、他の人間だけでなく、他の生き物や環境にも害を与える可能性が最も少ない道です。

私たちの幸福は、私たちの内側の調和とバランスによって決まり、私たちの周りのすべての幸福と相互につながっています。 私たちの行動、思考、言葉、食べ物はすべて、この調和とバランスに影響します。

まず、食べ物の観点から、体の中に入れるものを見てみましょう。 プレームとアヒムサの原則を、私たちが食べる食べ物に組み込むとは、どういう意味でしょうか? 一般的には、肉の風味のある味覚に負ける以外の理由で動物を殺さないという選択と、生き物を一切殺さないという選択の間に最初のステップがあり、多くの人がこの選択のために菜食主義者になります。 人々は、国立公園で飼育されているライオンや象のために、あるいはペットへの非人道的な扱いや残虐行為のために熱心に戦っていますが、一方で肉食産業を支えています。ある種の動物の生命を奪い、別の種の生命を守ることを選択する権利を与えるものは何でしょうか? ある生き物を家族の一員とみなし、他の生き物を食べ物とみなす視点から、すべての生き物に対する思いやりと愛の視点へと、私たちの考え方を変える必要があります。 エネルギー的にみても、屠殺の時に身体に存在する恐怖、痛み、および他のそのような波動をごちそうになることになります。

しかし、私たちが自問べきなのは、菜食主義者になるだけで、十分に善良で、十分思いやりがあることなのかということです。商業的な酪農産業の牛は、自然寿命を半分に縮めるだけでなく、ミルクと呼ばれる仔牛のための食べ物を人間が飲み食いするために、誕生後すぐに仔牛を引き離されながら、毎年毎年無理やり妊娠させられているのは問題ないのでしょうか?仔牛たちは誕生時に母親と一緒に時間を過ごすことさえ許されず、母牛も仔牛も何日も泣き続けます。メスの仔牛は、まだ子供なのに数か月後には連れて行かれて妊娠させられます。オスの仔牛は乳を出さないので、連れていかれ、しばしば飢えたまま仔牛肉として売られるのです。このような形の暴力は必要なのでしょうか?同じことが人間に対して行われれば、それはレイプや殺害と呼ばれます。人間は誕生後6ヶ月間ミルクを飲む唯一の種であるに違いありません。そしてまた、私たちはヴィーガン食に焦点を当てるだけでいいのでしょうか?それともそれをライフスタイルにまで広げ、革靴、ベルト、バッグも回避すべきでしょうか?

自分自身に正直であれば、私たちは皆、これに対する答えを知っています。

ヴィーガンになることによって、畜肉酪農業界向け動物を飼育するのに必要な作物が少なくて済むので、環境面でさえも肯定的に貢献します。そして、それは世界の飢餓を減らすのに役立ちます。放牧地を作ったり、動物飼料を育てたりするために、多くの森林もすっかり伐採されているのです。

 ヒムサすなわち暴力は、正当化され、私たちの行動、思考、言葉の中に私たちが思っている以上に頻繁に現れます。 例えば、鬱憤、自分自身や他者に対する赦しの欠如、憎しみ、自分自身や他人に対する否定的思考などがあります。 自分の思考にもっと気づくようになるとすぐに、穏やかでいることがますます容易になり、マインドを制御できるようになります。それによって徐々にマインドの雑音を聞かない能力が高まり、ハートの中にある愛や思いやりに一層耳を傾けることができるようになります。そうすれば、思考に反応するよりむしろ、思考に向き合い、観察できるようになります。

  私たちは皆、暴力的な言葉や思考や行動を避けるべきであることを知っていますが、これに役立つツールやテクニックを持っていないことがよくあります。 アートマ・クリヤ・ヨーガの実習を通して、無条件の愛を抱き、私たちの霊的なハートを開くことは、私たちの日々の交流における、言葉、考え、行動の意識を向上させる素晴らしい方法です。 真のヨーガは、実際には身体、頭脳、精神を統合する科学的過程であり、しばしば描かれているような体操だけではありません。 アートマ・クリヤ・ヨーガのような実習には、深くから作用する身体的技法もエネルギー的な技法もあります。魂の意識で行動を起こし、無条件の愛の生きいきした経験ができるように、私たち自身を変えることができます。 この愛を自分自身の中に見つけることで、順次、世間と、そして他者との交流でも穏やかになるでしょう。

ヴィーガン・ライフスタイルと真のヨーガの間の関連性、相互の結合の重要性がはっきりとわかるでしょう。 人類は、善悪を識別する知性の力を持っています。 動物や他の生き物は知性の力を持たず、本能に支配されています。 しかし、あなたがたは意識的に、暴力よりも愛を選択することができます。

 それが容易か難しいかという疑問は、それを見る視点から完全に答えることができます。 私たちの変容の旅は、多くの小さなステップがあり、連続的かつ生涯にわたり、一夜にして起こるものではありません。 生きている間の課題は大小あり、やって来ては去っていきます。 私たちが生きている間に受ける試練の種類と多様性は、私たちが操れるものではないかもしれませんが、私たちがどう生きることを選ぶかが私たちの人生です。 私たちの選択が結果をもたらします。 しかし、この旅の第一歩は、識別の力を利用して、より愛にあふれ、自分や全体が見えていて、思いやりのあるライフスタイルに向かうこの選択をすることです。

あなたはヴィーガンのクリヤ・ヨーガ実践者であることを選ぶことができます。 私は選びました。 一緒にやりませんか?


Blog »