Blog

サダーナ、アーユルヴェーダ、21世紀的生活はそれぞれどんな関係があるのでしょうか?

それは、少なくとも「できる限り強くバランスよくいられるために、何ができるのか」を問うことです。そのためには、自分自身とつながり、自分自身に正直であり、マインドと肉体の感覚的満足以外の目的のために行動することが必要です。 なぜなら「自分自身と繋がっていなければ、自分をケアすることはできない」からです。

Thumbnail

ハハ、ふところの深さ

至福に満たされているとは、どんな感じなのか、よくはわからないのですが、マインドが落ち着いてハートが開いているときには、平安とはどのようなものか、霊性修養の体験からわかります。 そして、こうした時間があれば暗い部分に向き合い、暗い部分があっても自分の平安を生み出すのに必要な安全な場が得られます。

Thumbnail

どうして評判に執着するのでしょうか?

自分の望む行動をしたり、自分の人生を生きようとするとき、その行為や振る舞いが、回りの人たちの望む行動や生き方と衝突する、という立場におかれることがよくあると思います。 自分たちには筋が通っていることであり、あるいは周りの人にとっては人に理解してもらえない理由が私たちの側にあるのです。これは、家庭、職場、友人と、さらにはコミュニティ内でも起こりえます。

Thumbnail

パンドラの箱

サーダナ(霊性修養)の利点をどんなふうに表現しても、どんなに多くの言葉を尽くしても、結局、境界を超えるかどうかは一人一人にかかっているのです。
第一歩は、一部の人にとっては巨大な一歩かもしれません-内なる自己の未知への旅なのですから。 ものすごく恐ろしいかもしれません。ほとんどの場合、「パンドラの箱」を開いたら、何が出てくるかわからないからです。

Thumbnail

つらい時期の、マスター方やアートマ・クリヤの恩寵

この話は実は怪我や痛みに関するものではありません。 これはクリヤ・ヨーガ実修者の体験談です。 自分がまったくスーパーウーマンではないことを断言する女性が、アートマ・クリヤの実修によるこの体験によって、どのようにして恩寵と規律と信仰に至ったのかを扱っています。

Thumbnail

OMチャンティング:紛争の解決

紛争とは何でしょうか?紛争をどうしたらとめられるでしょうか?OMチャンティングはどうやって紛争を扱うのでしょうか?

Thumbnail

霊性の道にある自分をケアすること

この中には、自分を導く完璧なレシピも、魔法の食材もありません。 一人一人が、自分の魂に関心を向け、共鳴する独自の方法を見つけなければなりません。 ここに、私の旅で私の支えになった、そしてこれからも支えであり続ける多くの物のうちの3つをご紹介します。 しかし、どの自分に関心を持ちたいのか、どのようにそれを行うのかを決定するのは一人ひとりにかかっています。

Thumbnail